ドッグフード 選び方

MENU

ワンちゃんの正しい叱り方

ワンちゃんを飼ってきて、まず教えることが
人間と一緒に住むための ルール教え=しつけ です。

 

でも、この叱り方を間違えるといろんな問題が生じます。

 

例えば、余計に行動が悪化したり、寄ってこなくなったり、
ワンちゃんによっては非常に攻撃的になってしまったり…

 

これでは、せっかく一緒にいてもお互いに悪影響を及ぼします。

 

では、どんな叱り方がいいか調べてみましょう。

 

 

説教は無駄です

 

まず、ワンちゃんにお説教をしても無駄です。

 

ワンちゃんは、なぜ怒られているのか、言葉では理解できないからです。

 

まず、なぜその行動がダメなのかを教えないといけません。

 

でも、下記のような叱り方はNGです。

 

  • 鼻の部分(マズル)をつかむ
  • 目を見て叱る
  • 体罰を与える

 

良くありがちなことですが、これはダメです。

 

 

正しい叱り方とは?

 

怒るときは、大きな声で「ダメ!」と教えましょう。

 

短い言葉で、大きな声で教えます。

 

すると、ワンちゃんは、判別がつくようになってきます。

 

また、声と同じで大きな音を出すのも良いと思います。

 

あと、しつけとして効果があると言われるのが、無視すること。

 

ですが、この無視するって結構難しんです。

 

どうしても、可愛いワンちゃんが気になりますもんね。

 

だから、無視するときには、徹底しましょう!

 

そして、これが一番大事です。

 

叱った後はほめてあげること。

 

あきらめず、じっくりと仲良くしつけしてあげましょう!