犬を褒める

MENU

犬のしつけはほめること

 

 

犬のしつけの基本ってなんだと思います?

 

一番の方法はほめることです。

 

いろいろな犬のしつけの方法がありますが、むやみに殴ったり、蹴ったりという
体罰で犬のしつけをするのは、NGです。

 

これは、怖さを植え付けるだけで、信頼関係は出来ません。
まず、愛犬と自分との信頼関係を作ることが大事なんです。

 

 

ほめることで何が変わるか?

では、愛犬を褒めてあげることで何が変わると思いますか?

 

実は、犬はしつけられたことをちゃんとした場合に、飼い主が
ほめてくれると、非常に喜びを感じるんです。

 

頭を撫でてあげたり、名前を呼んであげたりすると
シッポを振って喜んでいませんか?

 

自分の態度が飼い主を喜ばせることは
犬にとってもとてもうれしいことなのです。

 

 

犬のしつけの基本は経験

犬のしつけはとにかく経験させることです。
何度も何度も反復させることが重要です。

 

注意点とすると、経験をさせるときは必ず犬の要求に
従っているのではなく、飼い主の要求にこたえさせるということ。

 

ここは非常に重要です。

 

例えば、ワンちゃんがごはんが欲しくて吠えている場合に、吠えるのを
止めさせるためにごはんを与えるのはしつけになりません。

 

これでは犬のしたいことに応えてしまうことになります。

 

こうなると犬が飼い主より上位に立っていることになり、
犬のしつけとはいえません。

 

犬のしつけはほめてやるとお互いが気持ちよくなるだけでなく、
どちらにも有意義なことですのでぜひほめて犬のしつけをしましょう。

 

犬との生活のではほめる、遊ぶ、散歩するといった
コミュニケーションが90パーセントぐらいを占めます。

 

残りの10パーセントが犬のしつけです。

 

日常の散歩が足りなければお座りや待てはなかなかできません。

 

基本的な生理的要求はかなえてあげながらしつけをするようにしましょう!