犬 膿皮症

MENU

犬の膿皮症

以前、ウチのチャンス君が皮膚病で困っていたことがありました。

 

お医者さんに診てもらうと、膿皮症と言われました。

 

膿皮症(のうひしょう)とは、皮膚上で菌が異常繁殖することで、
化膿して膿を排出してしまった状態のこと。

 

 

痒みや脱毛がひどくなるのが特徴的のようで、チャンス君も痒そうで
とても可愛そうでした((+_+))

 

飲み薬と薬用シャンプーとドッグフードを替えたことで、
なんとか回復しました。

 

この膿皮症って、一体何が原因なんでしょうか?

 

 

膿皮症の原因

 

皮膚についている細菌が増えて、
皮膚が化膿(かのう)することが原因です。

 

免疫力が弱っているときなどに、この細菌が異常に
増殖した場合に起こる皮膚のトラブルのようですね。

 

症状は皮膚がところどころ赤くなり、やがて痒みがでるので
ワンちゃんが掻きむしってしまうんです。

 

いろんな要因があるようですが、脂肪分の多いドッグフードなどを
与えると症状が出る場合もあるということをみて、うちはフードを替えました。

 

 

チャンス君が替えたフードはこれ!

 

 

膿皮症の治療

 

抗生物質で細菌をおさえ、薬用シャンプーで清潔にすることが大事です。

 

お医者さんにも言われましたが、ドッグフードを変えるのは重要みたい。

 

 

大体、1週間程度で痒みはおさまったみたいで、

 

その後は、フードのおかげなのか膿皮症の再発はありません!(^^)!

 

ワンちゃんが膿皮症で悩んでいるなら、フードの見直ししては
どうですか?