良いドッグフードの見分け方!

MENU

良いドッグフードの見分け方とは?

良いドッグフードを見分けるための
ポイントを紹介します。

 

 

原材料
厳選された原材料を使用していて、防腐剤・香料・着色料など
添加物を一切使用せすに作られている。

 

外的機関の安全保障
第三者の研究機関により、人工防腐剤が使用されていない事や
AAFCO栄養基準に適合している事など、外的機関の認証があること。

 

安全性や保存性
中身の安全性はもちろんですが、脂肪の酸化に対しても
天然の防腐剤で酸化防止処理を施している。

 

 

まずは上記の3ポイントを抑えましょう。

 

と言いながら、簡単にはわかりにくいですよね?

 

もっと簡単に見分ける方法はないんでしょうか?

 

ドッグフードをより簡単に見分ける方法

 

価格

 

一番の目安になるのが価格です。

 

望むドッグフードは、安くて品質の良いフードですよね?

 

目安としては、1kg 1,000円くらいまでとして、それより

 

安いものは、極力手を出さないこと!!

 

安い=品質が悪いってことです。

 

何が入ってるかわからないものを食べるのは嫌じゃないですか?

 

 

袋(パッケージ)

 

真空パックされているものが好ましいですね。

 

酸化防止剤に頼らず、酸化を防ぐ処置をしているかどうかってことです。

 

 

フードの色

 

フードは基本的に、茶色か焦げ茶色です。

 

これは製造工程上で、なるんですが、赤や黄色のフードありますよね?

 

これは、わざわざ、人工着色科が使われているのです。

 

フードの粒は茶色か焦げ茶色を選んでくださいね。

 

 

 

獣医師の薦めるフードに対しても、絶対的な信頼を置いていいかどうか?

 

と問われると、そうでもないと思います。

 

やっぱり、基本的にはメーカーと利益提携しているわけですから、

 

良いことを言いますよね?

 

当然、粗悪品な物をリスクをしょってお薦めする獣医師もそんなにいないと思いますが。。。

 

 

 

食べ物の影響って、すぐには現れません。

 

でも、粗悪なものを食べさせていると、必ず不具合が生じてきます。

 

体調に異変が現れてからでは遅い場合もあります。。

 

あなたは愛犬にいつまで、”悪”なフードを与えますか?