危険なドッグフードを簡単に見分ける方法

MENU

危険なドッグフードを見分ける方法!

いろんなドッグフードがあるわけですが、危険なドッグフードも非常に多いんです。

 

愛犬に毎日あげる食事です。

 

やっぱり安全で安心したドッグフードをあげたいですよね。

 

 

まず、この危険なドッグフードを簡単に見分ける方法を紹介してみますね。

ドッグフードの内容を確認する

まずは、ドッグフードの内容を確認してみましょう!

 

こんなドッグフードは要注意です!!

 

  • 化学添加物質が入っている
  • 肉類に粉や副産物が使われてる
  • 穀物野菜類にビートパルプや脱脂大豆などが使われてる
  • ビタミン・ミネラル類が大量に入っている

 

これは、ドッグフードの内容表示を見れば簡単にわかります。

 

 

それ以外に、実はもっと簡単に見分ける方法があります。

 

 

ドッグフードの梱包状態

 

ドッグフードが紙袋で包装されているものは注意です。

 

紙袋は空気を通します。

 

通常、ドッグフードは時間が経てばカビが生えたり腐ったりします。

 

また、空気に触れると酸化していきます。

 

それなのに紙袋ということは・・・添加物が入ってるってことですよね。

 

防腐剤や酸化防止剤などなど。

 

私は、ビニール袋に入っていたり、袋にチャックが付いていたりするフードを選んでいます。

 

 

 

半生フードは要注意

 

半生タイプのドッグフードは私は買いません。

 

なぜなら、半生タイプのドッグフードは水分量が多いからです。

 

水分が多い=カビが生えやすい。

 

これは当然ですよね。

 

 

ということは、カビ防止の防カビ剤等の添加物や

 

水分保持のために湿潤調整剤などが使用されています。

 

 

個人的にはあげたくないフードの一つです。

 

 

 

本当に簡単ですが、これだけでも危険なドッグフードを排除できますよ。

 

 

 

愛犬の健康を守るためにも無添加で安全なナチュラルドッグフード

 

穀物不使用のカナガンがおすすめですよ。