犬の熱中症に注意

MENU

犬の熱中症に注意しましょう!

 

 

暑い夏、熱中症大丈夫ですか??
ワンちゃんにも、当然、熱中症はあります。

 

犬の熱中症対策をしてあげましょう!

 

 

犬は体温を下げるのが苦手

人間の場合、暑くなると汗をかく事で体温調整をします。

 

しかし、犬の場合は、肉球の裏にしか汗腺がないんです。
そのため、舌を出して呼吸で体温調整をします。
そう考えると、ワンちゃんの体温調整はとっても大変ですね。

 

熱を逃がすのが得意ではないので、熱中症になりやすいと言えます。

 

 

犬の熱中症のサイン

犬が熱中症になったときは、次のような状態になります。

 

  • よだれを出しながら息苦しそうにハァハァと浅く速い呼吸を始める。
  • 体温が上がり脈も速くなる
  • 口の中や目の粘膜が充血する
  • 嘔吐、下痢を起こす
  • ふらついて倒れてしまう

 

などの状態になると要注意です。

 

また、症状が進むと、失神したり、筋肉のふるえが始まったりと
命にかかわってしまう場合もあるので、対処は早めにしてあげてください。

 

 

熱中症対策

犬の熱中症対策としては、

 

  • 温度をクーラーなどで適温に保つ。
  • プールなどでの水遊び
  • 気温が高い日中は散歩をしない。
  • 適度に水分を与える

 

などになるかと思います。

 

アスファルトも熱くなってるので、散歩も注意してあげましょう。

 

 

熱中症の処置

もし愛犬が熱中症になった場合、まずは犬の身体を冷やしてあげます。

 

全身に水をかけたり、水を飲ませましょう。
氷などで動脈などを冷やすこともいいと思います。
ただこれは応急処置ですので、早めに獣医師に見てもらってくださいね。

 

愛犬が熱中症にならないように、早めの対策をしてあげましょう!