ドッグフードのポイントを押さえましょう!

MENU

ドッグフードの善し悪しはここをチェック!ポイントを押さえましょう!

ドッグフードの善し悪しはどこで決めればいいと思いますか?

 

このポイントさえわかれば、フードの選び方も簡単です。

 

今回は、ドッグフードの善し悪しを見極めるポイント!
を紹介しようと思います。

 

 

ドッグフードの成分表をチェック!

ドッグフードを選ぶとき、どこを見るのが一番いいと思いますか?
まずはパッケージ裏面の「成分表示」をチェックしましょう。

 

この成分表示には法律で決まりがあり、
含有量の多い順に記載しなければならないとされています。

 

犬は健康を保つ上で「肉」「魚」といったたんぱく質を必ず必要とします。

 

 

重要なポイント

成分表示の記載事項の
先頭には必ず「肉」「魚」が記載されているかどうかを確認しましょう。

 

これは非常に大事なポイントです。

 

この記載で注意すべき点があります。
それは、「肉類」とか「魚類」と書いてあるものは
NGだということです。

 

 

もう一度言いますよ!

 

「肉類」とか「魚類」の表示はダメ!!

 

 

なぜダメかというと、何の肉かわからない、
表示したくない肉を使っているから「肉類」なんです。

 

肉みたいな物っていいかえれるんじゃないでしょうか?

 

要は、新鮮な肉ではないんです。

 

この「肉類」には、4Dミートと言って、
肉骨粉、事故死した動物の死骸、残骸などなど、
それこそ何の肉かわからないものが入っている可能性があります。

 

「肉類」とか「魚類」のフード。
食べさせたいですか??

 

 

穀類の入っていないものを選ぶ

実は、テレビCMなどでも有名なドッグフードの中には、
成分表示の先頭に書かれている成分が「とうもろこし」
「小麦」「雑穀」という製品も少なくはないんです。

 

肉や魚の含有量はごくわずかであり、場合によっては
人口添加物で肉や魚の風味を後づけしているだけという製品もあります。

 

こんなの、詐欺に近いですよね。

 

しかもワンちゃんは穀類が苦手なので、体に負担がかかったり、
アレルギーになったりする可能性も・・・

 

これでは、犬は本来必要とする栄養素が不足してしまい、
健康な生活を送る事が出来なくなってしまいます。

 

 

まずは、今手元にあるドッグフードの成分表示を確認してみましょう。
成分表示の先頭に記載されている「栄養素」は「肉」や「魚」でしょうか?
もし、そうでない場合には、成分表示を確認しドッグフードを選んであげましょう。

 

 

安心安全で新鮮な肉を使ったドッグフードはこちらです!

 

ナチュラルドッグフード