犬は叩かない

MENU

ワンちゃんを叩かないで!叱るときは飴とムチ作戦です

ワンちゃんが悪さをしてしまったとき、どうやって叱ってますか?

 

絶対に手を出してはいけません。

 

叩かれて育ったイヌは、人が手を挙げただけでビクビクと怖がるようになります。

 

ペットを叩く人を見るのも叩かれるペットを見るのもつらいものがあります。

 

 

ワンちゃんをしかる方法

 

ワンちゃんが悪いことをしたときに有効なのは、無視をすることです。

 

例えば、トイレ以外でオシッコをしてしまったとき、怒らず騒がず、淡々とオシッコを片付けます。
ワンちゃんが何か言いたそうに近付いても無視をします。

 

5分ぐらい経ってからワンちゃんを構ってあげます。

 

ワンちゃんにとって大好きな飼い主さんに無視されるのはとても悲しいことです。
反省の時間を置いたら、遊んであげたることが大切です。

 

 

また、きちんとトイレでおしっこができたときには

 

「えらいね〜!」とたくさん褒めてあげましょう。

 

これを繰り返すことで、オシッコして良い場所をワンちゃんはきちんと学んでいきます。

 

飼い主さんの大切な靴を噛んで遊んでいる、そんなときは低い声で、
短く「コラッ」と言って叱りましょう。叱るときに名前を呼んではいけません。

 

名前を呼ぶと嫌なことがあると思わせないためです。

 

しばらく無視したら、何事もなかったかのように遊んでやります。

 

ワンちゃんは人の声を聞き分けると言われています。
人が高い声を出すと自然と嬉しくなり、低い声を出すと怖がります。

 

意識して高めの声でワンちゃんの名前を呼んでやると、
きっとワンちゃんは何かいいことがあるのかと笑顔でこちらを見ますよ。

 

 

忙しいときにトイレシートをビリビリにされたりするとイライラしてしまいますよね。

 

いたずらをするのもワンちゃんの可愛さの一つです。

 

どうか大きな心で受け入れてあげて下さい。