犬の熱中症

MENU

犬の熱中症に要注意!症状と対策は?

 

夏が近づくと、蒸し暑く湿度が高い日が続きます。

 

最近では、熱中症に注意!とよく言われます。

 

実は、この熱中症って人間だけじゃなくワンちゃんにも起こる病気。

 

とくに、全身を毛で覆われているワンちゃんなんかは大変ですよね〜

 

犬も熱中症対策が必要です。

 

 

犬の熱中症

 

「犬の熱中症」は、体内に熱がたまってしまい、
全身の機能が不全に陥った状態の事。

 

人間の熱中症と同じですね。

 

 

熱中症になりやすいと言われる犬種もああります。

 

  • シーズー
  • ペキニーズ
  • パグ
  • フレンチブルドッグ
  • シベリアンハスキー

 

などのワンちゃんはより注意が必要ですね。

 

犬は体温を逃がさないように、全身を毛で覆われているので、
暑さや熱に弱い生き物なんです。

 

 

犬の熱中症の症状

ワンちゃんが熱中症になると下記のような症状が出ます。

 

  • 呼吸が荒くなる
  • ぐったりする
  • 目が充血する
  • 舌が赤黒くなる
  • 反応が鈍くなる
  • 大量のよだれ
  • おう吐、下痢・血便
  • 食欲不振

 

などです。

 

いつもと様子が違うと感じたら、動物病院に連れて行って診察してもらいましょう。

 

 

犬の熱中症の治療と対策

犬が熱中症だと感じたら、まずは体を冷やしてあげましょう。

 

水を体にかけてあげてください。体温が39℃程度まで下げてあげましょう。

 

外出先なら、日陰などの涼しい場所で水を飲ませましょう。

 

それでも、ワンちゃんがしんどそうなら、病院へ早めに行きましょう。

 

 

また、ワンちゃんを熱中症にしないためには、水分補給と
熱い場所に長時間放置しない事です。

 

室外の直射日光もありますが、窓を締め切った室内での
熱中症というのも非常に多いです。

 

なるべく、クーラーなどで熱くなり過ぎないように調整することは必須です。

 

飲み水を切らさず、ワンちゃんの状態を見てあげるようにしてくださいね!