犬の皮膚病で1番多い膿皮症

ワンちゃんの皮膚病である膿皮症(のうひしょう)ってご存知ですか?

 

最も多い皮膚病の一つで細菌による感染性の皮膚病のようです。

 

 

治療法としては、

 

  • 抗生物質の投与
  • 薬用シャンプーによる洗浄
  • 清潔に保つ

 

などが基本のようですね。

 

でも、このシャンプーもちゃんと選んであげないとダメ

 

粗悪なシャンプーではさらに悪化することもあるようです。

 

 

膿皮症(ノウヒショウ)とは?

 

膿皮症は、細菌感染による皮膚病のこと。
おもな症状として、発赤や脱毛、発疹(ブツブツ)、膿疱、かさぶた
などが見られます。
顔や腋、股や指の間などによく見られます。
腫れや痛み、発熱が見られることもあります。

 

 

膿皮症の原因

 

膿皮症は、ブドウ球菌などの細菌が皮膚に感染することで起こるようです。
擦り傷や噛み傷、老化、栄養不良などで、皮膚の免疫力が弱っているとき
などに細菌が侵入し発症してしまうようですね。

 

皮膚に合わない成分のシャンプーの使用、過度のシャンプーなどが原因になることも。

 

 

膿皮症の治療は?

 

膿皮症の治療は、細菌に合わせた抗生物質の投与や、
薬用シャンプーによる洗浄が基本です。

 

シャンプーの選択も非常に重要ですね。
洗浄力の強いシヤンプーで頻繁に洗いすぎなのもダメ。

 

天然素材で作られたシャンプーなどがお勧めです。

 

ウチのチャンス君はこれを使ってます

 

 

膿皮症の予防をしよう!

 

一番は、膿皮症にならないように予防すること。

 

気を付けることを並べてみました。

 

 

食事

やっぱり毎日の食事は気を付けてあげてください。
免疫力をあげるには、腸内環境を整えることが大事です。
人と同じですね。消化吸収のいい食材を選んであげてくださいね。

 

 

運動

毎日散歩するのも非常に重要です。
ウチの愛犬は毎日散歩にイケイケとうるさい(笑)
愛犬の健康にもなりますし、飼い主の健康にもなるのでぜひ行きましょう。

 

ストレス発散にもなるので、散歩するメリットはとても大きいと言えます

 

 

シャンプーにも注意

シャンプーのやり過ぎはダメですよ!
夏場は2週間に1回 冬場は1か月に1回程度を目安に!
ブラッシングは毎日してあげましょうね。

 

 

 

ラム肉が苦手な小型犬におすすめの人気ドッグフードです