ドッグフードの種類 選び方

MENU

ドッグフードの種類を紹介します!

ドッグフードには、ドライタイプやセミモイストタイプ、
ソフトドライタイプやウエットフードと様々な種類があります。

 

値段も安い物から高いものまで様々ですが、愛犬の健康を考えると
ドッグフードもしっかり選んであげる方が良いですよ!

 

では、タイプ別に紹介してみます

 

 

ドライタイプ

水分量10%以下と水分が少ないドッグフード
残り90%が栄養素になります。長期保存も可能です。

 

*このタイプにはいろんな種類がありますが、基本的に値段の違いは原材料の違いになります。

 

 

 

 

セミモイストタイプ

水分量30%、栄養素は70%。
ドライフードに比べて1日にあげるフードの量は少し多めになります
水分量が多いので腐りやすくカビが生えやすくなるため防腐剤を使用

 

 

 

 

 

 

ウエットフード

 

 

水分量80%以下 栄養素は20%
ウエットタイプだけでは食事としては不十分です。
また、フードが柔らかいので歯に付着してしまい、虫歯や口臭の原因にもなりやすいのが欠点です。

 

 

 

 

 

ソフトドライタイプ

ドライフードの半生タイプになります。

 

 

フードの種類によって値段も原材料も大きく変わってきます 

 

愛犬の年齢や体系に応じて、ドッグフードを選ぶ事も大切ですが、原材料には注意して選んであげてください。ホームセンターなどで安く売られているドッグフードには、コストを下げるため、犬にとって全く必要でない原材料が使われていたり、見た目重視で着色料を付けたりと健康度外視の商品が多いと感じます。

 

まずは、原材料をチェックし、ワンちゃんに安全・安心に与えられるドッグフードを選んであげましょう!

 

犬に食べさせてはいけない物!

ワンちゃんに食べさせてはいけないものを紹介します。

 

気を付けてあげてくださいね

 

チョコレートなどのカフェインが含まれるもの

カフェイン成分が下痢・嘔吐・体温不調・多尿・尿失禁・ケイレン・テンカン発作の原因になります。
特にチョコレートは、大量に食べて致死量に達していると中毒を起こし急性心不全などを引き起こすなどもあり要注意です。

 

ネギ類(ネギ・タマネギ・ニラ・ニンニクなど)

ネギ属の成分が赤血球中のヘモグロビンを変化させ、最終的に赤血球を破壊してしまいます。
絶対に食べさせないように。食べ過ぎると死ぬ場合もあります。

 

お菓子やケーキ等の甘い物

糖分のとりすぎは肥満につながります。砂糖は、骨や歯茎を弱めたり、ビタミンCを破壊します。
ただ、食べ過ぎなければ大丈夫です。

 

牛乳などの乳製品

軟便・下痢を引き起こしやすいようです。犬用の牛乳をあげましょう。

 

ブドーやレーズン

ワンちゃんによっては嘔吐や腎不全を起こす恐れがあります。
なるべく避けたほうがいいようです。

 

これで全部ではありませんが、愛犬の健康のために気を付けてあげてください。

ドッグフードの種類関連ページ

安心安全なドッグフード
安心安全なドッグフードってどれでしょう?
ドッグフード 量
ドッグフードの量は?犬によって違います
ドッグフードの保存方法
ドッグフードの保存方法ってどうするの?意外に知らなかったフードの保存方法や、知らないとまずい?!フードの保存の仕方を紹介してみます。
犬のアレルギー対策フード
犬のアレルギー対策にお勧めのフードを紹介します!
犬の半生フードはあげてはいけない
犬の半生フードは絶対あげてはいけない?!どうして半生フードはダメなんでしょう?調べてみました
犬の半生フード
半生フードって良いの?悪いの?半生フードの情報を紹介します!
ドッグフード 無添加
ドッグフードは無添加が安心です!安全・無添加のドッグフードを紹介します
低アレルギーのドッグフード
アレルギーのワンちゃんのために低アレルギーのドッグフードをあげてみませんか?低アレルギーのドッグフードを紹介します
ドッグフードを食べない犬
愛犬がドッグフードを食べなくなる。そんなフードを食べない原因や対処法を紹介します
アレルギーに対応しているドッグフード
ドッグフードの中でもアレルギーに対応しているものもあります。アレルギー対応ドッグフードを紹介します
ドッグフード ヒューマングレード
ドッグフードのヒューマングレードってどんなドッグフードなの?ここではヒューマングレードのドュグフードを紹介します。
無添加&穀物不使用のドッグフードを紹介します
無添加&穀物不使用の安心安全なドッグフードを愛犬に上げたいですよね。人気のフードはこれです!
目やに対策 ドックフード
目やに対策ができるドックフードは?
ドッグフード ガム
ドッグフードの種類でもあるガム。イロイロ種類がありますがその違いは何か?しらべてみました
ドッグフードのふりかけ
ドッグフードを食べない場合にふりかけがいい?!
コストコ ドッグフード
いろいろあるドッグフード。どれを選べいいかわからない!そんな悩みを解決します!口コミ評判がよいドッグフードを紹介します!
皮膚病に良いドッグフード
犬の皮膚病で1番多いのは膿皮症という皮膚病です。この膿皮症とはどんな犬の皮膚病なの?
犬にキャットフードをあげてもいいの?
ワンちゃんにキャットフードって上げてもいいんでしょうか?調べてみました
犬 目やに
愛犬の目やに気になりませんか?犬の目やに対策用のドッグフードについて紹介します
ラム肉 栄養
いろいろあるドッグフード。ラム肉がいいと言いますがラム肉を調べてみました!
半生ドッグフードいけない
半生ドッグフードはいけない。それって本当?半生ドッグフードを調べてみました
犬 餌 吐く
愛犬が餌が合わないと吐いてしまう。そんな犬のえさにつてい調べてみました
犬 餌食べない
愛犬が餌を食べない・・・どうして食べないのか心配ですよね。ここでは、餌を食べないワンちゃんの理由や対策方法を紹介しています
ドッグフード 毛づや
ドッグフードと毛艶には関係があるんでしょうか?実は多ありなんです!
ドッグフードジプシー
ドッグフードジプシーって聞いたことありませんか?どんな意味なのか調べてみました!
うんちが臭くないドッグフード
ドッグフードによってうんちの臭いにも変化があるの知ってますか?悪い奴ほどよく臭う・・・ってな感じで…
ラム肉安心ドッグフード
いろいろあるドッグフード。ラム肉の安心ドッグフードといえば・・・
ドッグフードダイエット
ドッグフードでダイエットってできるの?そんな都市伝説のような話を調べてみました(笑)
臭くないドッグフード
ドッグフードで臭いが気になるのがありませんか?臭くないドッグフードって何が違うんでしょう。
ドッグフード 肝臓用
ドッグフードにも肝臓用ってあるんでしょうか?調べてみました。
老犬用ドッグフード
ドッグフードも年齢に合わせて選ぶ必要がります。老犬用のドッグフードの選び方間違えていませんか?
ドッグフード原料の事実
ドッグフード原料のショッキングな事実を知っていますか?アメリカ発のごみフードの暴露記事です
ドッグフードの定義
ドッグフードにもいろんな種類があります。総合栄養食のドッグフードを知っていますか?
良いドッグフード
ドッグフードをあげるならできるだけ良いフードをあげたいですよね。一体良いドッグフードってなんなんでしょう?
キングアガリクス100ペット用
愛犬の健康維持にはキングアガリクス100ペット用さぷりがおすすめです
ワンちゃんのトリーツにもなるドッグフード!
ワンちゃんが喜ぶトリーツ。その代わりになるドッグフードを紹介します
グレインフリードッグフードは凄い!
グレインフリードッグフードはワンちゃんの健康に最適です!
ドッグフードの定義
ドッグフードにも定義があります。これを知ればドッグフード選びも簡単になります
ヒューマングレードのドッグフード
ヒューマングレードのドッグフードを選ぶ理由
アレルギーの犬に最適なドッグフード
アレルギーの犬に最適なドッグフードを紹介します
ドッグフードストッカーでドッグフードを保存しよう!
ドッグフードストッカーでドッグフードを保存しよう!
アレルギーの心配がいらないドッグフード
アレルギーの心配がいらないドッグフード
安いドッグフードはこんなに危険!
まだ安いドッグフードを与えて今るんですか?こんなに危険なものを使って作っている激安フードをまだ愛犬に与えますか?
ドッグフードと手作り食
市販のドッグフードと手作り食。愛犬にあげるならどっちがいいと思いますか?
添加物不使用
愛犬の健康を考えるならドッグフードは添加物不使用のものが絶対いいです!
与えてはいけない素材
ドッグフードには与えてはいけない素材があります。どんな素材が与えてはいけないんでしょう?
ドッグフードの選び方
どんなフードを選んだらいい?当サイト管理人、独自のフードの選び方を紹介します