ドッグフードを買う前にここをチェック

安価なドッグフードには、危険な素材が
使われている事があります。

 

ドッグフードを買う前に、パッケージなどに記載されている
素材をチェックして、危険なフードを回避しましょう。

 

 

注意する素材

 

ドッグフードに含まれてい他場合、避けるべき素材を紹介します。

 

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)とも呼ばれます。

 

ドッグフードが酸化しないように、投入されている酸化防止剤です。

 

アメリカ合衆国にて、発がん性が高いということがレポートもされている危険物質。
内臓や肺、目、皮膚などに毒性を与えるリスクがあります。

 

エトキシキン

エトキシキンは防腐剤です。

 

ウェットタイプのフードに比較的使用されています。
アレルギー、肝臓がんのリスクがあります。

 

プロピレングリコール

ドッグフードをモイスト状にするために投入される素材。
人間が摂取すると皮膚の炎症を引き起こすことが知られています。

 

キャットフードへの投入は禁止されています。
なぜか、ドッグフードに対しては使用を制限されていません。
不思議ですよね?

 

 

まとめ

まずは、上記3点が最低でも入っていないフードを選んでください。

 

格安なフードにはかなりの確率で入ってます。

 

ホント、ドッグフードの規制が低いことに憤りを感じます。

 

なんでここまで、ドッグフードに関しては関心がないのか・・・

 

毎日食べるものだからこそ、安全なものがいいと私は思います。

 

素材をしっかりと見極めて安心安全なフードを手に入れてください。

 

 

おすすめのドッグフードは?

 

 ナチュラルドッグフード



文句なしの1位は、ナチュラルドッグフードです。
このフードを食べ残すことはまずありません!!


なんせ、ウチの愛犬はこのフードを食べだしてから
便秘も治ったし、毛艶も良くなって凄く元気になりました!


ここ数年はずっとお世話になっています。


NDFナチュラルドッグフードはこちら




 モグワンドッグフード




手作りレシピを再現したと話題のドッグフードです。
メイン食材にチキン生肉と生サーモンを使用し、
果物や野菜素材も満載のフードです。


あらゆるドッグフードの良いところだけを
集めて作ったといわれるドッグフードです。


確かに、愛犬の食いつきはピカイチです!


オイルも上質なココナッツオイルを使用しているので、
愛犬の皮膚トラブルや涙やけを防ぐ効果が期待できます。


ペットフードに満足しているオーナーさんにも、
ぜひ一度使ってほしいフードです。


モグワンドッグフードはこちら



カナガンドッグフード


ナチュラルドッグフードを上げて、途中で
あげてみたのが、このカナガンドッグフードです。


穀物不使用だし、ナチュラルドッグフードと
似た感じで安全そうだと思って。


結局、ウチのチャンス君はナチュラルドッグフード
の方がお気に入りのようでした。


カナガンドッグフードはこちら