安いドッグフードの真相

 

 

安くても良いフードってないんですか?

 

良く聞かれます。

 

私個人としては、今まで安くて安全と言えるフードには
残念ながら出会ったことがありません。

 

 

極端な話ですが、

 

10kg 1000円 とすると
1kg 100円 ですよね?

 

そんなコストで良い物が作れますか?

 

答えは明白です。

 

 

当然新鮮な肉など使えないので、ミールと呼ばれる乾燥肉や、
肉副産物といった、何かわからない肉、が使われています。

 

なかには、色で購入意欲をそそらせようと、人間が食べる食事には
使ってはいけない人口着色料が使用されていることも・・・

 

これ、メチャ怖くないですか??

 

こんなフードが普通に店頭で販売されているのが現状です。

 

 

安いフードは原材料が違う

 

安いドッグフードと、高いドッグフードの大きな違い
というと、「原材料の違い」になると思います。

 

安くフードを作るということは、原材料を抑えることで安く
作るわけです。

 

安いフードの原材料に多いのが、トウモロコシや大豆、小麦粉などの
穀物類が沢山はいっています。

 

 

何度かこのサイトでも書いていますが、ワンちゃんは肉食です。

 

穀物類は、苦手ですので、体調が悪くなったり、アレルギーの原因になったりと
良いことは一つもないと言っていいでしょう。

 

 

では、高いからいいドッグフードなんでしょうか?

 

高いから良いわけではなく、やっぱり原材料が安全な物を
使っているかどうか?が重要だと思います。

 

 

原材料に、ホルモン剤などをを使用していない肉類がベースで、有機野菜や
無添加の食材、添加物の不使用などワンちゃんの健康に配慮された原料で
作られているかどうか?を見てあげてください。

 

そのうえで、価格を考えて購入するかどうか?を決めましょう。

 

値段ありきでフードを選ぶと大変なことになりますよ。

 

 

安い商品は、香料を強くしたり、防腐剤や着色料を使
用しているので、体にはよくないと思います。

 

 

そう見てみると、本当に良くないといわれるフードは無駄な物が
多く添加されているな〜と感じさせられます。

 

 

あまりに安すぎるフードには手を出さないこと!

 

 

これを覚えておいてくださいね♪