中国産ドッグフードは危ない?!

いろんなドッグフードがありますが、気を付ける点として
原材料のほかに原産国があります。

 

実はこの原産国で注意した方が良いことがあります。

 

それは、中国産を避けるということ。

 

2014年5月16日に、米食品医薬品局(FDA)が、中国産原材料を
使用したドッグフードが原因と見られる犬の健康被害事例を発表しています。

 

これによると、2007年から現在までで、健康被害が確認されたケースは約5600匹。
そのうち1000匹以上が死亡したと見られているんですって!

 

これは、とんでもない実態ですね。

 

しかも、犬たちには胃腸疾患や腎不全による
下痢や嘔吐の症状が確認されていたみたいです。

 

アメリカのこのような発表に対して、中国側は猛反発していたようですが、
人が食べる物にも安全に疑問がある国ですので信じにくいですね。

 

有害物質も検出!?

また、2007年にも、アメリカで販売された中国製ペットフードから
有害物質のメラミンが検出!!

 

大規模なリコールが発生。死亡した犬や猫は100匹以上といわれている。

 

ホント恐ろしくないですか?

 

メラミンは2008年に中国で乳幼児を中心に5万人以上の健康被害を出した
「粉ミルク汚染騒動」でも問題となった物質です。

 

こうなると、日常的にこのようなことがなされていると思ってしまいますよね。

 

 

こんな危険なドッグフードが、日本国内に
流通している可能性もあります。

 

日本では2009年に「ペットフード安全法」が成立し、原材料や
原産国名の表示が義務づけられているが、これもあまり信用できません。

 

『最終加工』をした国が原産国になるので、中国産の原材料を
使用していたとしても、パッケージしたのが日本であれば『日本製』になるんです。

 

こんな危険なドッグフード、まだ愛犬に食べさせますか?